に投稿

アンククロスシャンプーの洗浄成分を知っておきましょう。

アンククロスシャンプーには、実に4つの洗浄成分が含まれています。

 

洗い上がりとか、しっとり感に拘りがある方にとって、洗浄成分は気になるところですよね。

 

 

ここでは、アンククロスシャンプーに含まれる4つの洗浄成分について触れています。

 

アンククロスシャンプーに含まれる4つの洗浄成分とは?

水、ラウロイルメチルアラニンNa、BG、オレフィン(C-14-16)スルホン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロアンホ酢酸Na、PEG-2、カプリリルアミン、ポリクオタニウム-10、分岐脂肪酸(C14-18)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-61、加水分解コラーゲン、ユビキノシン、イソステアリン酸、ココイルアルギニンエチル、PCA、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサンジオール、BHT、EDTA-2Na、グリセリン、クエン酸、オレス-50、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン 香料

 

アンククロスのシャンプーに含まれる成分は以下の通りです。

 

この中で、以下の4つが洗浄成分です。

・ラウロイルメチルアラニンNa

・オレフィン(C-14-16)スルホン酸Na

・ラウラミドプロピルベタイン

・ラウロアンホ酢酸Na

 

ラウロイルメチルアラニンNa

 

この成分は刺激が弱く、肌が荒れやすい敏感肌の人でも安心して使える成分です。

 

髪だけでなく頭皮にも優しいので、

痒くなったり、フケが出てくる心配はしなくても大丈夫です^^

 

オレフィン(C-14-16)スルホン酸Na

オレフィン(C-14-16)スルホン酸Naは、洗浄力がバカ高いです。

 

なので、髪にお悩みを持つ方には、正直オススメできない成分です。

 

しかし、アンククロスのシャンプーに含まれるオレフィン(C-14-16)スルホン酸Naは、増泡目的のためだけに使われてるので、多量には含まれていません。

 

なので、あまり神経質に考える必要は無いと思いますよ。

 

ラウラミドプロピルベタイン

ラウラミドプロピルベタインも、低刺激な成分として有名です。

(名前は強そうww)

 

敏感肌の人でも安心して使える成分となっております。

 

ラウロアンホ酢酸Na

 

こちらの成分も、

非常に低刺激なので、髪が余計にパサつく心配はありません。

 

赤ちゃんでも使えると言われてるほど、洗浄力が弱いです。

 

まとめ

 

アンククロスのシャンプーには、4つの洗浄成分が含まれていますが、基本的にどれも低刺激です。

 

なので、洗浄力の強さは、差ほど気にする必要は無いと思います。